初心者のための「ドライバーからパターまで」ゴルフスイング編!

 

ゴルフスイング何から始める?

ゴルフを始める際にまず何から始めたらよいのか?
ゴルフスクールなどに通ったり、知り合いに教えてもらったりなど方法は色々あります。

どんなスポーツでも基本が大切なのですが、ゴルフも同様で、最初に間違った方法を
覚えてしまうと、修正するのに時間がかかってしまいます。
最初に基本をしっかり覚えておくのは重要です。

重要な3つの基本

・グリップ
・アドレス
・スイング

まずは、ゴルフクラブの持ち方「グリップ」からですが、
グリップの握り方にも色々あって、これだけでかなりスイングに影響します。

また、グリップも含めた「アドレス」は、ゴルフスイングで最も重要と言われています。
アドレスがしっかりしていないと正しいスイングができないので、
正しいアドレスを身に着けることがスコアアップには大切です。

グリップからアドレス、スイングの基本まで詳細については下記の記事を参照してください。

初心者はゴルフスイング何から始める?まずは基本をマスターしよう。

 

ドライバーショット

ドライバーを練習する中で、最初はボールに当たるようになっても、スライス(右に曲がる)や、
フック(左に曲がる)が出ることが多いです。

ある程度上達しても、このような状況はよくあることです。
それぞれ原因はいくつかありますが、その対処法を覚えておくことは重要です。

また、修正してを行う際にも確認ポイントを頭に入れておけば対処できます。
プロのレッスン動画を含めた内容を下記の記事にまとめてみましたので参照してください。

ドライバーショットでスライス、フックが出た場合の対策法!

 

ドライバーがある程度当たるようになってくると、コースに出た際に気になるのがOBです。
ティーショットでOBが出るとスコアに影響があることはもちろん、精神的にも落ち込みます。

少し気を付けるだけでOBを減らしていく方法があります。

・ティーグラウンドの使い方
・ティーアップの工夫
・ボールの位置


これらを少し意識するだけで、OBを減らすことができます。

例えば、何も考えずに打つのと、ティーグラウンドの立つ位置によってOBを減らすことができます。

また、ティーの高さを調整することで、ボールが飛ぶ方向を調整することも可能です。

それぞれの細かい方法については下記の記事で詳細を説明していますので確認してみてください。

ゴルフ初心者がドライバーでのティーショットでOBを減らす方法

そして、初心者のうちに多いミスはヘッドアップです。

どうしてもボールの行方が気になるのは仕方ないですが、ヘッドアップは多くのミスを生みます。

これはドライバーに限らず、全てのショットに共通するものなので、確認しておくと良いと思います。

ゴルフスイングの悩み。ボールを見てるのにヘッドアップの解決法!

アイアンショット


ゴルフを始めたときにまず最初に練習するのはアイアンショットです。

その理由は一番長いドライバーはやっぱり難しいからです。

しかも、最初から全力のフルスイングではなかなかボールに当たりません。

そこで、最初に練習するお勧めはハーフスイングです。

これはある程度上達してからも非常に重要な要素を含むポイントですので、

しっかり基本を理解しておくとスコアアップにつながります。

詳細の説明は下記の記事でご確認ください。

初心者ゴルファーはハーフスイング上達で100は切れる!

 

練習場ではある程度安定して打てるようになっても、コースに出るとうまく当たらないってことはよくあります。

練習場のマットは常に一定ですが、コースではラフや傾斜などがあり、

全く同じ状況ということはないからです。

芝の状況によって、ダフッたり(手前の芝をたたいてしまう)、トップしたり(ボールの頭をたたいてしまう)

事が多くあります。

その原因や対処法を応用編では詳しく説明していますので確認してみてください。

初心者もこれでスコアアップ!アイアンショット応用編

 

通常のアイアンショットとは少し違いますが、バンカーでの打ち方も初心者にとっては難しいものです。

プロなどはラフよりもバンカーの方が「スピンがかかりやすいので寄せやすい」と

いうこともありますが、初心のうちは脱出するだけでも大変です。

しかし、基本的になことを覚えておけば特に恐れることもないと思います。

バンカーにはガードバンカーとクロスバンカーがありますが、

それぞれの対処法について詳しく解説していますので、下記の記事を参照してください。

初心者でも簡単!バンカーからの脱出法

 

アプローチショット

アイアンショットの一部ですがスコアメイクに大きく影響するのがアプローチです。

初心者のうちはこのアプローチを練習するだけでかなりのスコアアップが期待できます。

アプローチといっても、いろんな場面が考えられます。

覚えておきたいアプローチの種類として、

・左足下がりのアプローチ
・左足上がりのアプローチ
・つま先下がりのアプローチ
・つま先上がりのアプローチ
・ランニングアプローチ
・ピッチエンドランのアプローチ

アプローチだけでもいろんな打ち方がありますので、詳細は下記の記事でご確認ください。

これでスコアアップ!アプローチショットの応用編

パッティング

最後に最も重要であるパッティングについてです。

プロのトーナメントでも勝敗を左右するのはやはりパッティングです。

平均パット数の上位者が、賞金ランキングの上位を占めていることからも明白です。

初心者にとっても、パッティングの練習をすることでスコアアップが可能です。

パッティングの基本から、ロングパットまで詳細は下記の記事で説明していますので参照ください。

スコアアップには欠かせない 「パターの悩みを克服する方法」

 

また、初心者の場合は3パットをしてしまう確率が非常に高いです。

この3パットの回数を減らすだけでもかなりのスコアアップが可能です。

下記の記事で詳細を解説していますのでご参照ください。

スコアメイクにパターは大切。初心者もできる3パットを減らす方法